• 内的・外的要因

    アトピー性皮膚炎の原因には、内的なものと外的なものが考えられています。内的要因として考えられているのは、ご両親からの遺伝となっています。またこの他にも日頃の食生活などが何らかの形でアトピー性皮膚炎としてアレルギー症状を引き起こしていることがあります。一方で、外的要因に関しては熱によるものと乾燥によるものの2つが考えられており、熱によるものは紫外線を強く浴びてしまったことや、お風呂で長時間熱めの湯に浸かった時などがあります。そしてお肌の乾燥については冬場をはじめとして、目に見えないところでお肌の水分が足りなくなってしまう、もしくは減少してしまった時に症状が現れます。

    どちらが原因なのかをまずはしっかりと突き止めた上で、体質改善などに取り組んでいくと良いでしょう。遺伝の場合であってもアレルギーに反応しやすい体質を少しずつ変えることによって、症状は出にくくなります。

    また外的要因である場合には事前の対策としてお肌を保護することができるので、諦めずに向き合っていかなくてはなりません。特に外的要因についてはご自身の努力で症状の出ない生活を送ることもできるでしょう。内的要因に関しては、ご家族の協力などを得ながら食事の内容やその他はストレスのたまりにくい環境を作っていくといった方法などがあります。

    カテゴリー: 未分類

    コメント欄は現在閉じています。